理想の自分に近づくには~潜在意識を高めるコツ~

潜在意識を刺激するには

今の自分に自信が持てていない方は、自身の理想像をつくり、それに近づくための努力をしましょう。その中で大切なのが潜在意識を高めることです。なりたい自分を具体的に想像することで、理想へと近づくことができるのです。潜在意識を自分でコントロールすることができるよう、まずは顕在意識と潜在意識の違いから見ていきましょう。

潜在意識と顕在意識の違いについて

顕在意識

顕在意識は、わかりやすく言うと「知性や理性」のことを言います。何かを決める際に働く決断力も顕在意識です。何か頭で物事を決めたら、それは顕在意識が働いたという状況なのです。

潜在意識

潜在意識は「感覚や感情」に直接関係している意識です。記憶力とも関係していますが、想像力を働かせる際にも動く意識で、大きな力を秘めています。しかし自分でコントロールすることは難しいので、ほとんどの人が力を発揮することができていません。

理想の自分に近づくには~潜在意識を高めるコツ~

女性

心の中の悪魔と天使のような存在

顕在意識と潜在意識は、よくアニメなどで出てくる心の中の天使と悪魔というように想像すると、理解しやすいのではないでしょうか。やりたくないことがあった場合、顕在意識では「やらないと」と思っていても、潜在意識では「やりたくない」という気持ちが働いてしまっているのです。理想の自分に近づけないと悩む方は、この潜在意識を変えていかなくてはいけません。

潜在意識を変えるにはイメージングが必須

顕在意識では理想の自分に近づきたいと願うことができているかもしれません。しかし今の自分を変えられないのは、潜在意識で「どうせ自分は・・・」とか「面倒だ」などと考えてしまっているかもしれないのです。そんなマイナスイメージを持っている潜在意識を変えるために、イメージング力を鍛えましょう。できるだけなりたい自分を細かく想像し、イメージしていくのです。

イメージング力を高めるためにできることランキング

no.1

なりたい自分を想像する

一番大切なものは想像力です。今を変えたいと思うなら、どんな自分になりたいのか想像し、イメージを固めていくことから始めましょう。ぼんやりとではなく、鮮明にイメージをすればするほど、潜在意識に働きかけることができます。

no.2

絵や文章でなりたい自分を表現する

絵で自分の理想像を描いたり、箇条書きでなりたい自分の特徴を書き出したりしてみるのも、潜在意識を変えるために必要なこととして選ばれています。なりたい自分を想像するには一番効果的な方法です。絵が得意な方は、漫画で表現するのもオススメです。

no.3

リラックスできる環境を整える

何かストレスに感じることがあると、気にしないようにしていても、心のどこかではひっかかってしまうものです。このストレスが原因で集中力の低下を招き、イメージングの質が落ちてしまうので、環境を整えることが3位にランクインしています。

no.4

わかりやすいイメージに置き換える

イメージをわかりやすく分割していくことが大切という理由で選ばれています。もし心が広い自分になりたいなら、身近にいる心の広い人を決め、良いところを書き出してイメージしてみてください。難しいと感じたら「いつ」「どこで」「誰と」ということを想像するとイメージが広がります。

no.5

カウンセリングで相談してみる

ただ相談するだけでもかなり大きな変化を感じることができるということで第5位に選ばれました。具体的になりたい自分を想像できない場合でも、他人に相談することで自身の感情を整理することができ、凝り固まってしまっていたイメージを広げていくことができるのです。

広告募集中